一般に代表的な映像としてメディアで報道されているものを第一の視点とすれば、
これは、第二の視点だ。
客席から観客が撮影した映像なので、テレビで報道されている
マスコミ席からの映像と違う引きのアングルになっています。
逆に全体を俯瞰しているので、事故の状況がよくわかります。
どちらからともなく、互いに吸い寄せられるように衝突してしまっています。
6人の練習風景は、6人全員が高速で移動しているわけですから、過密に感じます。

スケートが自分の体の一部となっていたとしても、人間は、360度の視界を
持っていませんので、最大限の注意を払っていたとしても、
動体視力の限界を超えている気がします。

6人体制は、変えるべきだと誰しも思うでしょう。
この6人の中の誰と誰が衝突してもおかしくない環境です。