天門山
SUVのロケ地に最適です。

トヨタ・スープラとトヨタ・ソアラによるヒルクライムレース。
強力なFRは、日本車の強みだ。

中国での自動車マーケットは、FRのフロアシフトが、主流で、90%以上の
自動車が、フロアシフトで、ほとんど、オートマを見かけない。
メルセデスや、アウディーの一部の高級車を除いて、ほとんどの車が、フロアシフト車。
昭和50年ごろの日本のモータリゼーションに似ている。
若者を中心に、次世代のモータリゼーションへと移行し始めている。
若者たちは、実用の自動車から、娯楽や、趣味のための自動車を求めるようになってきた。
ロードレースや、さまざまなスピード競技に若者の興味が向いてき始めた。
いまのタイミングで、トヨタが、スープラを投入していれば、成功していたに違いない。

レッドブルは、巨大市場にターゲットを絞ってキャンペーンを行っている。
レッドブルにできて、デカビタにできないのは、なぜだろう。
日本でのレッドブルのCMは、アニメーションなので、安上がりにできている。