中国の抗日ドラマには、必ずヒール役の日本軍側のスパイが登場する。
田舎の警察官が日本に対する十分な知識も無いまま、軍事施設の周囲をうろつく日本人観光客に誰何する可能性もある。
言葉が通じなくて、あわてふためく様子を見て、さらに疑ってしまうかもしれない。

容疑者の身分は、50代の女性。
日本の国籍を取得したとあるから元は中国人か?
もしくは、北朝鮮の脱北者や、支援する活動家か?

憶測から浮かび上がるのは、江沢民派と呼ばれる一派の暗躍。
江沢民の汚職を糾弾しようとする習主席の動きを封じ込めるために、国外の問題を新作している可能性も考えられる。
すでに江沢民は、逮捕されているというウワサもある。
日本人のスパイをでっち上げ、習近平政権に対し日本からの圧力をかけさせ、スパイ容疑の日本人を人質に、切り札として何らかの条件を引き出そうという目論見かもしれない。その何らかの条件までは、想像できないが。

江沢民一派によって、とにかく習近平政権に、足踏みをさせる、外部問題で忙殺させる、対外的に失策を企てるなど考えられるが、定かではない。