大か小かは、不明だが、虐殺したんだろう。
旧日本帝国軍だけじゃないから、世界中でありえるといえる。
ナチスのユダヤ民族に対して、アフリカで、南米で、中東で、人類が言葉で記録し始めた戦争とは、虐殺の歴史だからだ。
被害者が、騒ぐか、騒がないかであって、アメリカによって広島に落とされた市民壊滅爆弾は、虐殺以外の何ものでもない。

南京大虐殺が、ユネスコの記憶遺産に登録されたが、日本政府は、そして、現代日本人もスルーしていい。
中国が、糾弾しているのは、旧帝国日本軍であって、現代の日本人ではないからだ。
現代日本人も、被害妄想に取り付かれる必要は無い。
旧日本人と切り離して考えればいいし、中国政府も現代中国人もそれで割り切っている。
現代中国人が、南京大虐殺の件で、現代日本人を責めることは無い。

現代の日中の国民の感情の間には、話題にするのは、やめようという、暗黙の了解があるにせよ、今後、ややこしくなるのは、南京大虐殺を知って深堀りしてくる欧米人だ。